[PR] トータル リフォーム
×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

welcome FPP the fishingmart 店長紹介

FPP店長の自己紹介です


大阪出身です。1968年生まれ


「掛けた獲物は捕る」を目標にFPP the fishing martを建ち上げる。

口を開けば「オイ釣り行かへんか?」
最近では「紀州に行こまい!」が口癖。
4歳の頃から自宅近くの池(注:自宅の池では無い)
で、ザリガニ、小鮒釣りを近所の悪ガキどもに教えられる。
海釣りを始めたのは小学1年の時。
72cmのボラを釣って以来学校が終わると釣り場へ直行、
ハゼ、カレイ釣りで年間100日以上の釣行を続ける。
今思えば当時、親父が4本同じ竿に同じリールをセットし
並べて釣りをしていた。今の私のスタイルのルーツかな。
途中両親の仕事の都合上、愛知県に転居
地理上19歳頃まで川の大鯉を求め続けるが
釣れずショックから年間釣行は4回程度に激減。

(この頃から車に狂う)

20歳頃から土、日、連休毎に伊豆半島に足繁く通うが
釣りではなくアウトドアーブーム到来、
キャンプのまねごとにハマる。

「せっかくだから!」と伊豆半島周囲にて上物、
チヌの落とし込み釣りを始めるがイマイチしっくり来ずに
悶々とした日々を送っていた。


磯竿を折ってしまい、仕方なく投げ竿を持って行った
伊豆半島の宇久須(現在は夜釣り禁止になってしまいました)
にて20cm程の真鯛を釣ってから
「投げ釣りでこんな高級魚が釣れるんだ!!」と
投げ釣り専門に釣行するようになる。



当時のタックル:竿 ホリデースピン25-390、
リール ホリデースピン4000 の2セット



近所の太平洋岸で夜のキス釣りを覚え
(この時の最大釣果は31.5cm、30cmの一荷)
さらに投げ釣りにのめり込む。


急激にタックルが増えて本格的に大物専門の夜投げを始めたのは'03から。
その後は伊豆半島、伊豆七島、式根島、南紀、日本海岸を釣り回る。



釣師としての夢は隠岐、五島列島での石鯛狙い、
実寸90cm以上のタマミ、コロダイ、真鯛を釣る事。